平板載荷試験を忘れないようにしよう|地震から身を守る

作業者
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 地盤の状況を知っておく

地盤の状況を知っておく

工事

防災対策として有効

地盤調査をする事で、その土地が地震の際にどの程度揺れやすいのかという事が分かります。また地震の際に液状化現象が起きる可能性が、どの程度あるか把握する事ができます。地盤が弱く揺れやすく、液状化現象が起きやすい土地は災害時に被害が大きくなりやすいです。住宅であれば被害が大きくなれば修復費用が大きくなりますし、代わりの住居を用意する必要が出る可能性が高くなります。事情所の場合は被害が大きければ、経済活動を再開するまでの期間が長くなりやすいです。また、修復費用も大きくなります。さらに地盤が弱い事で災害時に経済的な損失だけでなく、その建物を利用する人が怪我をしたり命の危険に晒される可能性が高くなります。地盤調査を行い少しでも地盤が強い土地を選ぶ事で、災害リスクを軽減できます。

対策をする事ができる

地盤が弱い土地に地盤調査を行わず地盤の状態を知らないまま建物を建設してしまうと、事前に対策をする事もできなくなります。地盤調査を事前に行って地盤に問題がある事がわかれば、地盤の補強を行いリスクを軽減する事もできるのです。建物を建てて実際に使用し始めてからだと、同じ地盤補強を行っても費用が多くかかる事があります。そのため、最初の段階で地盤調査を行い必要があれば、地盤の補強を行うと良いです。地盤の補強をする事で揺れの被害や液状化のリスクを軽減できますが、地震が発生した時は津波が発生する可能性があります。特に沿岸部の土地の場合は土地の地盤だけでなく、土地の標高など津波のリスクにも気をつけて建物を建設する土地を選ぶと良いです。