平板載荷試験を忘れないようにしよう|地震から身を守る

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

地盤の硬さを知るには

作業員

家を建てられる地盤か確認

マイホームを建てる前に平板載荷試験を実施しておくことは、決して無駄ではありません。なぜなら平板載荷試験によって土地の強固さについて確認できるからです。地面は人間が見ただけではその性質はわかりません。平板載荷試験なら基礎が作られる深さの地質を調べることができるため、建てても問題ない土地であるか判断することができます。つまりこの試験は、地盤の強固さを知るために用いられます。地盤の安全性を確かめるために用いられる平板載荷試験ですが、最近では液状化現象の問題を受けてさらに注目されています。液状化現象では、地中の密度が低いため地震によって地盤が崩れてしまいます。平板載荷試験なら事前にそうした不安定な地盤を発見することができ、何らかの補強を施すなどの対策を取ることができます。

地盤に負荷をかける調査

住宅を購入した方の間で、家が傾いてしまうという被害に遭う方が増えています。家が傾く原因にはいくつかありますが、最も多いと考えられているのが地盤の沈下です。地面の上に建築される住宅は、何らかの原因で地盤が沈み込んでしまうと傾いてしまいます。建築の前には、地盤を調査しておくことが欠かせません。そんな地盤調査の一つに、平板載荷試験というものがあります。これは地盤の特徴を調べるために、平板を置いて家屋に耐えられるかどうか調べるというものです。手順としてはまず基礎となる地盤に鉄製の平板を置きます。さらにその下に計測装置を設置し、平板の沈下を測ります。平板載荷試験の特徴は、実際に地盤に負荷をかけることで正しい数値を測定できる点にあります。住まいの安全を確保してくれる技術の一つです。